放っておいたら危険!よくある水漏れの種類と対応策

種類によって対応の仕方が変わる水漏れ

水漏れを放置してしまうとカビの発生や水道料金への影響など更なるトラブルに繋がる可能性もあるため、発見した時はしっかり対応する必要があります。ひと口に水漏れと言ってもその種類は様々で、水漏れの種類によって対応策も異なります。ここでは水漏れの種類別による対応策をご紹介します。

トイレの水漏れの対応方法

使用頻度が高いトイレ周りは水漏れが起こりやすく緊急を要する場合が多いためすぐに対応することが必要です。トイレ周りで水漏れを発見した時は、まずどこから水が漏れているのか原因を突き止めることが大切になります。またトイレの水漏れに対処する場合には、二次被害を防ぐために止水栓を閉めて行う必要があります。トイレの水漏れが起こる原因は経年劣化によるものが多く自分で対処できる場合と部品の交換が必要になる場合もあるため、改善されない場合は専門の業者さんに早めに相談することが大事です。

気付きにくいキッチンの水漏れ

トイレと同様にキッチンも水漏れが発生しやすい場所になります。キッチンの水漏れに対処する場合にも、水の元栓を閉めて行う必要があります。キッチンの水漏れは蛇口やシンク下、排水管など様々な原因によって起こりますが、シンク下の水漏れは気付きにくいため注意が必要です。シンク下の水漏れの原因は排水管のパッキンの劣化によるものが多くなります。その場合は排水管を分解する高度な技術や正しい知識が必要となるため、自分で修理するのに自信がない場合には修理業者に依頼するといった対応を取ることが大切です。

水漏れは、蛇口の金属部品の破損や経年劣化などが原因で起こることがあり、被害を最小限に食い止めるうえで水回りの工事を得意とする工務店への修理依頼が必要となります。