部屋の明かりもエコが大切?LED照明の上手な使い方を理解しよう!

LED照明が広く普及した理由について

LED照明は明度が高く、電力消費量が少ないことが大きな利点とされ、現在では様々な場所で照明機器として多用されています。電球や蛍光灯と比べると明度が高いのがLED照明の大きな特徴ですが、LED照明は光が拡散しにくいので明度が高くなります。そのため、以前はスポットライトのように一部を集中して照らす目的で使われていました。旧式のLED照明は高所から一部分だけを明るく照らす限定的な目的で使われていたので普及率は低いままでした。しかし、技術の進歩によって光が蛍光灯並みに拡散するようになり、それでいて明度を高く保つことから爆発的に普及したのです。耐用年数が長く、電力消費量が少ないので家計を節約出来る理想の家電製品と見なされたのも普及した理由の一つです。

LED照明と従来の照明機器を使い分ける必要性について

LED照明は明るく電気代もかからない、夢のような照明機器と見なされて広く普及しました。また、電球や蛍光灯を取り付ける従来の設備をそのまま転用出来るメリットもありましたが、その一方でLED照明特有のデメリットも存在するので家庭で使用する際は注意が必要です。LED照明は長時間使い続けることを前提に作られていることから、頻繁にスイッチを切り替える場所には適していません。一般の住宅では、浴室やトイレなど使用時間が短い部屋ではスイッチの切り替えに強い従来の照明機器が向いています。また、広い部屋にLED照明を導入する際は光が拡散するタイプの製品を選ぶことが大切です。LED照明は衝撃に弱いので、交換する際は丁寧に扱うのも長く使い続けるための工夫です。

ライトを使うと、どうしても影が生じてしまい、影を完全になくすためには、数多くのライトが必要になります。でもLEDライトパネルなら、広範囲を照らすことができますので、少ない照明で済ませることができます。